高校修学旅行の小遣いいくらが適切か?

こんにちは、とびおば管理人です。

3人の子供の国内修学旅行を経験しました。

高校やそれ以上になると持参する小遣いの額が自由になることが多いです。

でも、自由だからこそ悩むものです。

国内修学旅行の親御さんの参考になれば嬉しいです。

修学旅行のおこずかい、どうやって決めた?

今年、三番目の子供にいくら渡すことに決めたか、その理由と経過を書きとめます。

さらに、過去の2人子供の時はどうだったのか、思い返してみました。

結局、三人目は男子で、南九州に2泊3日で3万円を持参させました。

これは、旅行先が地方で、(民泊や自然遊び)男子、買い物は普段から最低限です。

自由行動の時の、交通費や昼食代と出発時の朝食代、お土産代、予備的なお金で3万円です。

子ども本人は、「不足したら心配なので一応多めに持っていきたい」と言いました。

ちなみに、余ったら、返金してもらうように話し合いました。

家族からのお土産のリクエストは、リクエストした人がお金を渡すようにしました。(3万以上になる)

姉たちの場合は、いくらあげたか?

1番目の時は、沖縄で、ネット検索して決めた金額が5万円でした。

当時は、よく分からないまま、ネット情報を信じて、渡しました。

結果、女子で買い物大好き、お土産は、様々な雑貨や大量のお菓子と顔のパックまで(ほとんど使わず)などで、おつりは数千円でした。涙・涙です。

母としては、娘が楽しんでよかったと思う反面、買い物好きや旅行中の日程を良く把握していなかった。また、友だちとの金額のすり合わせができておらず。ネットの情報を過信してしまったと後悔しました。

2番目の時は、四国で、前回の経験を参考にして、田舎で買い物もそんなにできないと予測して、それでも多めに3万円渡しました。

予想通り、半分ほどのお釣りを渡してくれました。本人曰く、買い物するところもなくて、本当に楽しめなかった。買いたいものを見つけるのも大変だった様子です。

子供自身は、「私はケチだから」笑いながら言っていました。

主に芸術作品に触れるのがテーマの修学旅行の様でした。親としては娘が残念がってせっかくの修学旅行が、という少し寂しい気分になりました。

大学生を持つ周りの職場の人たちにも、当時いくら持たせたか、聞いて情報収集してみました。

2万円から3万円が多く、男の子の場合は、余ってしまったようです。

また、3万円渡して、不足した時はPAYPAYで送金という方もいましたよ。これは、今時で、斬新で賢いですね。

性別や買い物(食べ物や雑貨、記念品など)何を好んで買い物するのか。

また、自由行動でどこに行って、何にお金を使うのか、ある程度予測するのも必要です。

特に、ディズニーランドやUSJや海外になると食事だけでも予算が増えます。

それに加え、一緒に行動するお友達にも左右されると思います。

同じ両親の子供でも子供の個性により違いがあるので、不思議な気分になります。

しかし、そこは名探偵のように予測するしかありませんね。

子供たちが楽しんで、それでいて多すぎず少なすぎずのお小遣いが理想ですね。本当に難しい。

これまでのことをまとめると、今まで、3万円~5万円渡したが、国内で地方だと、3万くらいが多い。

子供の性格や友達との話し合い、旅行先や旅行の内容で金額は変わる。

子どもと話し合って、親子が納得する金額にした方が後悔が少ない。

親の財布の事情もありますが、子供としっかりと意見交換して、向き合って話し合いたいと思いました。

私は、家庭のお財布事情も素直に話しています。

「ここまでは、できるけど、これはちょっと厳しいかな~」など、どこまで話すかは親の考え方次第です。

お財布のひもと子供の笑顔、どちらも大切なものですね。

息子がサーフィンや旅行を堪能して笑顔で無事に帰る日を楽しみにしています。

お土産話もまた嬉しいものです。

修学旅行から戻って、実際どうだったか?

その後無事に修学旅行から戻り、お釣りを8500円渡してくれました。

実質お小遣いを21500円使った計算です。

その他に現地集合の駅までの交通費千円チャージとPAYPAY2千円チャージで合計は24500円ほどですね。

現地で食事をしたり、食べ物をお土産に持ち帰りました。

最後まで見ていただきありがとうございます。

お子さんが楽しい思い出作りができて笑顔で戻ってくる日がたのしみですね。

おすすめの記事