離れて暮らす親、親孝行とは?私は親不孝かも!

遠方に暮らす、90歳の母と84歳は、同じ市町村でもそれぞれが別々の老人保健施設に入っています。

数年前まで同じ施設でしたが、母の介護度が上がったため、別の施設に入所の運びとなりました。

叔母が随分前に脳梗塞で半身まひになり、面会したことのある施設です。

今ではその叔母も介護度が上がったため、別の施設にいます。(母も介護度が上がればその施設へ入所することが予想されます。)


以前面会したのは4年前、コロナが始まる前で舅と同じ施設にいる時でした。


面会は、完全予約制で、人数が多いとガラス越しの面会となります。

母の変化や元気な様子が見れて安心したと同時に、今まで面会せず地元に暮らす兄に任せきりで、つくづく親不孝な娘だなと改めて感じました。

私が見聞きした、離れて暮らす高齢の親とのかかわり方を書いてみたいと思います。

遠方でも、60~70代だと親も元気なことが多いですが、さすがに80代になると心配することが増えてきます。なぜなら私の親がそうだったのです。

離れて暮らす親、どうかかわってる?私の知人や見聞きした人たち

職場や知人の人達の高齢の親とのかかわり方は、

①「親を子の近所に呼び寄せる」

②「子供が帰省して遠距離介護」

③「子供が地元に戻る」

私の周りでは特に①が多数と感じます。

その次に②の方が多かった。

仕事の関係で60代になっても声をかかられ仕事がある方は、仕事をしながら、地元に帰っていました。

最初のころは、親が恐縮していたようですが、そのうち、帰るのを喜んでくれるように変化していったご様子です。

特に離れて暮らして、親が自宅で一人暮らしの場合、悩ましい問題が起こっている相談を耳にすることもありました。

私の母と同じく、排せつの自己管理(汚れたときに自分下着や紙おむつを替えたり、掃除したりするする力)の低下です。

訪問介護を使っても、うまく活用ができない状況だそうです。相談先もあちこちいかれて、本当に大変そうでした。

離れているからこその葛藤です。

認知症の症状も絡んでくるので、確かに対応が難しい場合もあります。

ご本人のやり方や、こだわりがあるのです。ご本人を尊重しながら、こちらの要望も聞いていただくことは本当に難しいことでした。

自分が病棟で働いていた時も、認知症の症状のある患者さんが、車いすで「ちょっとそこのバス停まで行ってくる」と私に言って病棟から出かけようとされました。(外に行かれると危ないです)

実際にはバス停がそばになく、また、他の患者さんの場合は、「子供を迎えに行ってくる。」など、昼夜問わず言われます。

そこにバス停がなくても、そこに子供がいなくても、本人にはそう認知する状況なので、決して否定できません。

その患者さんと接して、私には、過去の出来事にワープされて、再認識されていると感じました。

私は過去に認知症の母や姑を理解したくて、

【ユマニチュード 入門コース】 という講座を受けたことがあります。(2019年)

その講座は、すべての方が対象の、優しさを伝えるケア技術でした。

中でも映像の中で印象的だったのが、認知症の方の易怒的な反応だったものが、ケアを受けると友好的な反応になったことでした。

1.ユマニチュードの哲学1

■ケアをする人とは何者か

・矯正ケアをしない人である

・健康状態に応じた正しいレベルのケアを選択できる人である

ユマニチュード研修入門コーステキスト 著者自ネスト・マレスコッティ研究所日本支部/発行者 国立病院気候東京医療センター

具体的な接し方の準備や接し方、トランス(椅子から車いすへの移動)の実践方法など、研修者同士で実践して学びました。

当時クリニックで勤務していましたので、トランスはほどんど日の目を見ませんでした。

しかし、患者さんとの視界の狭さを講座で学んでいたので、高齢者の声掛けや視線を合わせるなど応対に活用出来ました。

親の介護を考える自分のキッカケ

母の場合は認知症が進んで、迷子という状況も同時に起こっていました。

私自身は、見聞きした限り今後の介護を考えるきっかけとして

・お食事を管理(舅は自炊していましたが、味噌汁の味付けが濃すぎてびっくり!体に悪い)

・清潔の管理(自分の親は、とにかくかたずけられない、このままゴミ屋敷になるかも?)

・自分の自宅へ戻れること(母は迷子になり、駅のホームに何時間もいた様子)

他にも、買い物や通院・自宅の管理など課題はたくさんあります。

離れて暮らす親が、遠方で身内が近くにいない時、どう対応するのが自分にとって一番いいのか?

私の長年の課題でもあります。本当に当事者になると悩みます。(とはいえ、私の場合は、兄弟や施設だよりでした)

1人暮らし中に心強い相談場所は、担当エリアの地域包括支援センター、薬の管理をしていただくだけでも助かります。行くと時間と交通費がかかりますので・・・

子供世代の状況にもよりますが、そこは親とも話し合って、自分に合った選択をするしかありません。

あと何度会える?自分達の今までの選択と今後



子どもも大きくなり、来年は家族そろっての面会は無理かもしれないという理由で

また、最近身近な人が突然亡くなった経験もあり、数年ぶりに母と舅と親族の高齢の叔母との面会、墓参りなど短時間でかなりの移動をしました。


老人保健施設の面会は、昨年からコロナがインフルエンザと同じ感染症になっても


未だに、面会の条件は厳しかったです。


具体的には、週に1組の面会。

3人以上の面会だとガラス越しで電話で会話。

しかも、時間は15分と短い。しかし、これは母を感染から守るための決まりです。

それでも、久々に会う母は、嬉しそうな顔をして、ガラス越しで鍵が締まっているドアを開けようとしていた。

〔母さんそれはさすがに無理だよ〕


想像していたものの、4年経過で一層老人感が増していました。

母は、今まで軽費老人ホームに入所していました。

老人ホームに入るきっかけは、トイレの粗相をすることが多くなったからでした。

そしてやはり、認知症も始まり、散歩して迷子になって家に帰れなくなったことも大きな理由だったと思います。

兄夫婦と一緒に同居してくれていたので、本当に感謝しています。


昨年から、新しい施設に入所。介護度が上昇したからでした。

入所した職員さんの話によると

母は「やさしくて、人気者なんです。」とほっとする言葉をかけてもらい感謝でした。

同時にもうすぐ90歳、あと何回会えるだろうか?

いまだに、私は転勤族で数百キロ離れた街に住み、面会もかなり少ない。親不孝そのものです。

仕事で看護はしても、親の看護は全くしていないです。

夫の両親は、姑は70代から介護が必要になり、施設に入所していました。昨年天に召されました。

舅は一人暮らしでしたが、80代になり、だんだん食事や身の回りの自己管理できなくなりました。

また、寝室に5セットのスピーカ―があり、夜大音量で音楽を鳴らしていました。(ご近所様、大変迷惑かけてごめんなさい。スピーカーが好きだから1部屋に5セットもあったのかな?)

子供達の勧めで、軽費老人ホームに入所をして今に至ります。

夫の親族は、兄弟も遠方で他の親族はかなりご高齢、近所でフォロ―してくれるのは舅の友達だけ。

今まで、親の入院の度に子供が交代で地元に帰省して対応してきました。

入退院や手術説明転院など、必ず病院に呼ばれます。

1人暮らしで内服管理ができない時は、管轄の地域包括センターに相談して看護師の派遣をお願いしました。

子供を置いて、地元に夫婦で帰るか?それとも、都会にこのまま住んで老後を過ごすのか?

長年考えた結果、末っ子が大学入学したら移動を決行しようという事になりました。

子供の成長に伴って、自分の今後の住む場所を確保しなければならない状況です。(持ち家なし、両家の家も処分済み)

同じ年代の世代は、家を購入していれば、親を呼び寄せるかもしれません。

仕事中に、遠方から子供を頼って引っ越しされた高齢者をよく見かけました。

少しずつ街に慣れていらっしゃる印象でしたね。

また、親にも意思があるので地元に残りたいと希望する方もいます。

親世代も子供に負担をかけたくないと思う方もいらして、一人暮らしをぎりぎりまで選択される方もいらっしゃいました。

転勤族の世帯も、子供の成長に伴い、引っ越しも難しくなり、その後は親の介護と全く悩ましい選択です。

我が家の場合は、私自身が田舎に帰りたいと考えているので、60歳までに夫の退職待つか待たないか思案中ですが、地元に戻ろうと考えています。


まとめ

久々に、母や親族の面会と両家の墓参りを果たせました。

今回の帰省は、元上司の急な逝去の影響もありました。

何歳であっても、いつまで元気に自分が生活しているのかなんて誰にも分らないと感じています。

また、親と会って、今後の親のフォローや自分の今後の方向性。

つまり、どこに住んで老後を過ごすのか。考えるきっかけになりました。

できれば、母が生きている間に、地元に転居したいと考えています。

とりあえず、今すぐ引っ越しは無理なので、親の面会や支援はできる範囲内で行うことになる。

まずは子供のことが優先となります。

親の介護は難しいですが、頼れるものには頼り、親も自分も幸せな状況を実現できることが理想です。

まずは自分ができる事を考え、フォローしてもらえることは手伝ってもらい。

後悔しないように今を過ごしたいと考えています。

おすすめの記事